『トモダチ』2015皐月祭公開作品” に対する意見

  1. ピンバック: 作品紹介2 | 執筆(大)好き♡同好会

  2. 風祭史紀

    最初から最後まで拝見しました。
    とても力作でした(≧∇≦)/
    皐月祭の時は見逃してたけど、ブログ公開されててよかった~(≧∇≦)

    タイトル通り、「友達」という存在の大切さ、度重なるイジメや偏見といった苦難に翻弄されながら、時に揺らぎ迷いながもそれに立ち向かおうとする二人の友情がよく描かれていて、じーんと来ました。

    それだけに、最後の結末がちょっとやるせなかったかな~。これはこれで余韻を残す結末でいいなと思うけど、ずっと仲良しのまま関係が続いていく二人の明るい結末も見たかった。

    そしてイジメという問題が絡むと、学園ものってほんとに暗い物語になっちゃうね。
    イジメる側の陰湿さ、卑劣さに対して、それを受ける側は大抵耐えるしかなくて(その分ラストは真紅ちゃん大暴れで少し爽快だったけど)、周囲の大人も(保険医とか)イジメに気づいていても何一つ力になってくれるわけじゃないし、本当にやるせなくて理不尽で腹立たしい。
    現実もまあ、そんなもんだよね。

    読みながら悪役堂島さんが現れる度に「あー、なんかどんどん真紅ちゃんたち可哀そうなことになっていくんだろうなぁ」と、どんよりした気分になりながらの拝読だったので、ちょっとツライところはありました(´゚艸゚)∴
    歳とると理不尽で暗いお話しって読んでてしんどいんだよね。物語の中でくらい楽しい夢が見たくなるのかもしれない(´゚艸゚)∴

    内容のボリュームもすごいし、文章力も高くて、余韻の残るいいお話しだと思います。
    ただ、テーマ性が強くて、感情移入できるだけの完成度がある分、シリアスというか重いお話しなので、それに耐えきれない人は読むのをやめてしまうかもしれませんね。

    たとえば謎や伏線を張って、「これはどういうことなんだろう?」と読者の興味を引っ張るとか、退屈させない仕掛けを色々入れてみるとか、テーマ性と娯楽性のバランスをもっと上手くとれれば、より完成度の高い作品になるんじゃないかな、と思います(≧∇≦)

  3. 高梨 美波高梨 美波 Post author

    風祭さん

    コメントありがとうございました。

    昨日までの翔愛祭ではリメイクして公開したので

    タグ発行完了次第こちらのスライドを

    差し替える予定です。

    謎や伏線は、難しくて張れなかったのですが

    この時より効果音を増やしたり少し工夫してみました^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。